山﨑夢羽の昇格先は、一岡伶奈の新ユニットか?




新ユニットについての予想。

 

f:id:hellocomment:20180407042746j:plain




今回は山﨑夢羽ちゃんの所属先についての予想ですが、
個人的には“一岡伶奈の新ユニット”に入る可能性が最も高いと思うようになりました。


一番の根拠は彼女の年齢(学年)ですね。

彼女は新高校1年生です。 


ここでハロプロエッグハロプロ研修生がオリジナルメンバーとなって結成された5つのユニットと、その“核”となるメンバーの、結成時の学年を見てみたいと思います。


スマイレージ ⇒ 和田彩花前田憂佳 (中3)
Juice=Juice ⇒ 宮本佳林 (中3)
カントリー・ガールズ ⇒ ももち 
こぶしファクトリー ⇒ 浜浦彩乃 (中3)
つばきファクトリー ⇒ 浅倉樹々 (中3)


“ももちありき”のような形で結成されたカントリー・ガールズは例外的ですが、
それ以外のユニットでは、“核”となるべきエッグ・研修生のメンバーが中3の時に新ユニットが結成されています


山﨑は4月で高1とはなりましたが、新ユニットの結成発表・選考が去年から始まっていることを考えると、
やはり新ユニットは山﨑夢羽が“核”となると考えるのが妥当なのではないでしょうか。


和田彩前田憂宮本浜浦は人気も知名度もあり、ファンからも昇格を確実視され、また昇格を待望されるメンバーでした。

浅倉は研修生加入半年での昇格でしたので、ファンからの期待は上記のメンバーほどではありませんでしたが、事務所が彼女に上記のメンバー並みに期待していたことはその後の彼女の推され方でもわかるでしょう。


結局のところ、
ファンも事務所も一致して“逸材”と考えているメンバーが中3となった時に、そのメンバーを“核”とする形で新ユニットが結成されていると言えます。


となれば、新ユニットのメンバー選考期間に中3だった山﨑夢羽こそが、新ユニットの“核”になるのではないか。


そしてその新ユニットとは高瀬・清野の方ではなく、一岡の方だと思います。


山﨑に“新セクション”的なことをこなす器用さのようなものは現状感じませんし、
また彼女の魅力も強みもそこではないと思います。



あとは、清野桃々姫の存在ですね。
清野は現在中学2年生。山﨑の2歳年下です。


上記のハロプロの新ユニットでの“核”となるメンバーは、

宮本・浅倉は最年少。
和田彩・前田憂には下に小川紗季がいて、
浜浦には下に井上玲音がいました。

これを見ると、“自らパフォーマンスで引っ張っていける”メンバーは最年少でユニットの“核”に任命されています。

一方で、ユニット結成時点でパフォーマンス能力が高いとまでは言えないメンバーに対しては、
パフォーマンス能力の高い最年少メンバーを同時加入させていることがわかります。

これはまぁ、もしも“核”のメンバーが、“核”として跳ねなかった場合の“保険”のような意味合いもあるのではないでしょうか。

ハロプロは、やはり“パフォーマンス”が重要視されますから。



そして山﨑はもちろん、パフォーマンス能力は申し分のないメンバーです。

なので宮本、浅倉の場合と同じく、彼女が最年少になる形でユニットを結成されるのではないでしょうか。

つまり、彼女より年下の清野のいない、一岡伶奈の新ユニットです。


もしそうなると、一岡新ユニットは“高校生以上”のユニットということになりますね。


あるいは、それを補うために、“中学生”でも入れる高瀬・清野ユニットを作ったのかとも勘ぐれますが、これは、結果を見てみないことにはわかりません。



ちなみに、現在のハロプロ研修生で新高校1年生は、

前田こころ、金津美月、小野琴己、児玉咲子、山﨑夢羽、日比麻里那の6人です。

山﨑以外ならば、前田などは新ユニットでも“前列・主力”級にはなると思いますが、しかし“核”となるメンバーというほどの期待値は、現時点ではないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

【ハロプロ予想】こぶしファクトリー+つばきファクトリー=“さくらファクトリー”?



こぶしファクトリーつばきファクトリーが愛踊祭の公式サポーターに決定しました。
※https://idolmatsuri.jp/

さらに名古屋定期イベントにも“こぶし×つばき”での出演が決定
※http://www.helloproject.com/event/detail/6271fef663cd0e726163cdd4cf1bf81f6e48c0fe/



合同コンサートの後もこぶし×つばきの活動が続いていくようですが、
そうなるとやはり気になるのは、こぶし・つばき合併”の可能性ですね。

僕は、かなり高くなってきているのではないかと思います。


というのも、こぶつば、そしてハロプロ研修生関連で個人的に気になることが2つあって、


まずは、


3月の研修生発表会のサブタイトルが、~さくら~


だったことです。

今までの英語のサブタイトルから一転し、花の名になりました。



さらにもうひとつは、


こぶつば合同コンサートのサブタイトルが“KOBO


だということです。



研修生発表会の~さくら~については、
このサブタイトルが出た時点で、多くの人が“さくらファクトリー”という言葉を連想したと思います。

しかし現状、仮に~さくら~が何かしらの意味を持っていたとしても、
それが新ユニットの名前ということは考えにくいでしょう。

こぶし・つばきに続き、3つも“ファクトリー”を作るとはさすがに思えません。



また、こぶつば合同コンサートのタイトルが“こぶし”も“つばき”もなくKOBO”(ファクトリー)のみというのも、やや違和感を感じます。



以上のことを考えると、
どうも“さくらファクトリー”というのはこぶし・つばきが合体した後のユニットの名なのでないのかという気がしてきます。


桜は言うまでもなく日本を象徴する花。
“合併”後に使用する花の名としてこれ以上適当なものはないでしょう。


今回のは予想というか、ただの思い付きのようなものですが、
しかし仮にこぶつばが合併して、そしてその後のユニット名は?ということを考えると強ち無い話でもないような気もしてきます。

まぁ、あくまでこぶしとつばきが合併するのならばという前提での話ですが。。

 

 

 

 

 

 

2018年、ハロプロメンバー・プロフィール 【学年・年齢編】 ※4/15更新

 

 

 

新年度となり、ハロプロのメンバーの学年も一つ上がったので、

ハロプロメンバープロフィールを、新学年に更新しました。

 

前回からは相川茉穂、工藤遥田口夏実 が抜け、

ハロプロ研修生に28期メンバー(橋本桃呼・為永幸音・窪田七海・出頭杏奈・金光留々・松原ユリヤ)が加入しました。

 
さらに今回から前回までは記載していなかったハロプロ研修生北海道のメンバーも記載します。

 

 ※前回

ハロプロメンバー・プロフィール・改 【学年・年齢編】 ※9/14更新 - ハロプロ批評ブログ

 







社会人2年目 (今年24歳)

 和田彩花 (アンジュルム)
 飯窪春菜 (モーニング娘。’17)
 宮崎由加 (Juice=Juice)

社会人1年目 (今年23歳)

 金澤朋子 (Juice=Juice)

大学4年生

 譜久村聖 (モーニング娘。’17)
 石田亜佑美 (モーニング娘。’17)

大学3年生

 生田衣梨奈 (モーニング娘。’17)
 中西香菜 (アンジュルム)
 竹内朱莉 (アンジュルム)
 高木紗友希 (Juice=Juice)
 山木梨沙 (カントリー・ガールズ)

 稲場愛香 (ソロ/ハロプロ研修生北海道)
 
大学2年生

 小田さくら (モーニング娘。’17)
 尾形春水 (モーニング娘。’17)
 勝田里奈 (アンジュルム)
 室田瑞希 (アンジュルム)
 宮本佳林 (Juice=Juice)
 植村あかり (Juice=Juice)
 山岸理子 (つばきファクトリー)
 小片リサ (つばきファクトリー)

 一岡伶奈 (ハロプロ新ユニット・リーダー)
 高瀬くるみ (ハロプロ新セクション・ハロプロ新ユニット)

 

 堀江葵月 (ハロプロ研修生)
 
 


大学1年生

 佐藤優樹 (モーニング娘。’17)
 野中美希 (モーニング娘。’17)
 加賀楓 (モーニング娘。’17)
 上国料萌衣 (アンジュルム)

 川村文乃 (アンジュルム)
 森戸知沙希 (カントリー・ガールズモーニング娘。’17)
 広瀬彩海 (こぶしファクトリー)
 野村みな美 (こぶしファクトリー)
 新沼希空 (つばきファクトリー)
 谷本安美 (つばきファクトリー)
 岸本ゆめの (つばきファクトリー)

 
高校3年生

 牧野真莉愛 (モーニング娘。’17)
 横山玲奈 (モーニング娘。’17)
 浜浦彩乃 (こぶしファクトリー)
 和田桜子 (こぶしファクトリー)
 浅倉樹々 (つばきファクトリー)
 小野瑞歩 (つばきファクトリー)

 井上ひかる (ハロプロ研修生・リーダー)
 島倉りか (ハロプロ研修生)
 

高校2年生

 羽賀朱音 (モーニング娘。’17)
 佐々木莉佳子 (アンジュルム)
 小関舞 (カントリー・ガールズ)
 梁川菜々美 (カントリー・ガールズJuice=Juice)
 段原瑠々 (Juice=Juice)

 井上玲音 (こぶしファクトリー)
 小野田紗栞 (つばきファクトリー)

 野口胡桃 (ハロプロ研修生)



高校1年生

 船木結 (カントリー・ガールズアンジュルム)
 秋山真緒 (つばきファクトリー)

 前田こころ (ハロプロ研修生)
 金津美月 (ハロプロ研修生)
 小野琴己 (ハロプロ研修生)
 児玉咲子 (ハロプロ研修生)
 山﨑夢羽 (ハロプロ研修生)
 日比麻里那 (ハロプロ研修生)

中学3年生

 笠原桃奈 (アンジュルム)

 西田汐里 (ハロプロ研修生)
 江口紗耶 (ハロプロ研修生)
 橋本桃呼 (ハロプロ研修生)
 為永幸音 (ハロプロ研修生)

 
 太田遥香 (ハロプロ研修生北海道)
 


中学2年生

 清野桃々姫 (ハロプロ新セクション・ハロプロ新ユニット)


 米村姫良々 (ハロプロ研修生)
 土居麗菜 (ハロプロ研修生)
 岡村美波 (ハロプロ研修生)
 窪田七海 (ハロプロ研修生)
 出頭杏奈 (ハロプロ研修生)


 佐藤光  (ハロプロ研修生北海道)
 石栗奏美 (ハロプロ研修生北海道)
 河野みのり (ハロプロ研修生北海道)
 北川亮  (ハロプロ研修生北海道)
 工藤由愛 (ハロプロ研修生北海道)

中学1年生

 橋迫鈴 (ハロプロ研修生)
 松永里愛 (ハロプロ研修生)
 山田苺 (ハロプロ研修生)
 中山夏月姫 (ハロプロ研修生)
 金光留々 (ハロプロ研修生) 

 山﨑愛生 (ハロプロ研修生北海道)
 

 

小学5年生

 松原ユリヤ (ハロプロ研修生)


 


以上です。

 

ハロプロ25歳定年説が囁かれるなか、

和田彩花が卒業を発表。

 

飯窪春菜宮崎由加の2人は“定年”を突破できるでしょうか?

 

そして現在、

中学生以下のハロプロメンバーは笠原と清野の2人のみ。

 

反対に中学生以下のハロプロ研修生は、

研修生北海道のメンバーを合わせて22人と大人数です。

 

はたして2つの“新ユニット”に、何人の中学生が入るのでしょうか。

 

 

※前回更新

ハロプロメンバー・プロフィール 【学年・年齢編】 - ハロプロ批評ブログ

ハロプロメンバー・プロフィール・改 【学年・年齢編】 ※9/14更新 - ハロプロ批評ブログ

 

 

一岡伶奈の新ユニットに研修生28期が入る可能性は?

 

 

 


先日発表された一岡伶奈がリーダーの新ユニットと、
高瀬くるみ・清野桃々姫が所属する新ユニットの合同オーディション。


一岡伶奈がリーダーとなる新ユニットの結成が発表されたのは去年の6月です。

それから一年近く経ってから、
そのユニットのオリジナルメンバーをオーディションで選ぶことに反対であることは以前に書きました。

【ハロプロ批評】一岡伶奈の新ユニットと高瀬くるみ・清野桃々姫の新ユニットとオーディション - ハロプロ批評ブログ



しかしオーディションをする以上は何かしら理由があるはずで、、
その理由を考えてみました。


考えられる最も短絡的な理由としては、
高瀬・清野新ユニット単独でのオーディションよりも、一岡新ユニットを併せたオーディションの方が応募者が集められるから、というものでしょう。

去年のハロプロオーディションを例に出すまでもなく、
ここ数年、事務所がオーディションを“ハロプロ研修生発掘の場”と考えているのは明らかです。

今回のオーディションでも、事務所としてはより多くの候補者に来て欲しいと考えているのは間違いないですしそのために2ユニット合同のオーディションにしたという可能性は高いでしょう。


他の理由としては、これは結果を見てみないとわかりませんが、一岡新ユニットの選考を振り出しに戻したかったという可能性もあるのではないでしょうか。

一岡新ユニットに関しては全ての研修生がその選考の対象となっているはずですが、
例外としてハロプロ研修生の28期の存在があります。



研修生28期の6人(橋本・為永・窪田・出頭・金光・松原)は、
去年の“ハロプロオーディション”の最終候補者が、“不合格”となり、その後研修生に加入したものです。

ハロプロオーディションでは“合格”後の進路として一岡新ユニットへの加入も公表されていました。

研修生28期の6人はそのオーディションで“不合格”になったわけで、
その意味ではすでに一岡新ユニットの選考には漏れていることになります。

もし28期から一岡新ユニットに昇格するメンバーがあるならば、
“だったらなんでハロプロオーディションで合格にしなかったんだ”ということになるでしょう。


しかし今回オーディションの開催を発表したことで、
一岡新ユニットの選考は、事実上振り出しに戻ったことになります。

そうなれば一度“不合格”にした28期のメンバーも再び選考の対象となる正当な理由を得ることになる。

事務所としては、そう考えているのではないでしょうか。


研修生28期では、ローカルアイドルからハロプロオーディションを受け、
大分県在住のままハロプロ研修生になった後藤咲香が今年研修終了となりました。

ハロプロ研修生加入後、わずか二か月あまりでの研修終了でした。

これが如何に事務所にとって“痛手”かは、以前に書きました。

【ハロプロ研修生検証】研修生の“ロコドル依存”と後藤咲香研修終了の影響 - ハロプロ批評ブログ



もしも一岡新ユニット結成にあたり28期から昇格があった場合には、
やはり後藤の研修終了の影響が大きかったということになるのだと思います。



一岡伶奈の新ユニットに研修生28期は入るのか、否か。

ハロプロオーディションの結果から、本来ならば“入らない”ことが普通だと思いますが、

もし入るようなことがあるのならば、
あるいは新ユニットの結成がここまで遅れた原因の一つは去年のハロプロオーディションと、その後の後藤咲香の研修終了にあったと言えるのかもしれませんね。

 

f:id:hellocomment:20180407043527j:plain

 




尾形春水の卒業と、“関西出身”のハロプロ研修生




先日尾形春水ちゃんの卒業が発表されたモーニング娘。’18

これにより関西出身の娘。メンがいなくなってしまうことになります。


となると当然、ハロプロ研修生から昇格があるのか?
という憶測も出てくるわけで、、、

そんなわけで本日は現ハロプロ研修生の“関西出身”のメンバーをご紹介します。


 

f:id:hellocomment:20180407042600j:plain

野口胡桃

大阪府出身。
新高校2年生。
研修生25期。


f:id:hellocomment:20180407042802j:plain

西田汐里

京都府出身。
新中学3年生。
研修生26期。


f:id:hellocomment:20180407042904j:plain

日比麻里那

大阪府出身。
新高校1年生。
研修生27期。


f:id:hellocomment:20180407043000j:plain

江口紗耶

兵庫県出身。
新中学3年生。
研修生27期。



f:id:hellocomment:20180407043014j:plain

土居麗菜

大阪府出身。
新中学2年生。
研修生27期。


f:id:hellocomment:20180407043025j:plain

岡村美波

大阪府出身。
新中学2年生。
研修生27期。


f:id:hellocomment:20180407043100j:plain

松永里愛

大阪府出身。
新中学1年生。
研修生27期。




以上が関西出身のハロプロ研修生です。

野口と西田に関しては、
東京での活動やレッスンにも参加していることからすでに上京している可能性が高いです。

江口は先日のsatoyama&ひなフェスに参加していましたが、
それ以外に特に東京での個別の活動はありません。

ハロプロ研修生27期は関西出身が5人。
未だ誰も昇格も研修修了も出していない期です。



もしもこの中から娘。への昇格があるとしたら、、

舞台「ファラオの墓」出演の決まっている野口胡桃、
研修生の中では人気も実力もあり、早くから上京もしていたと思われる西田汐里あたり、、
でしょうか。

研修生27期の5人も、なくはないですかね。
もしハロプロがこれから“関西”に力を入れていこうと考えているとしたら。





ちなみに、
5月6日に行われる今年のハロプロ研修生公開実力診断テストの出演者は未だに発表されていません。

新ユニットのメンバーがオーディション後に決まるとしたら、
ハロプロ研修生のメンバーにそれ以外の“サプライズ”があっても不思議ではないでしょう。