工藤遥の卒業と、モーニング娘。’17新メンバー予想

 

 

いよいよ本日工藤遥ちゃんの卒業ですね。

18歳。高校三年生での卒業ですか。

鞘師里保の時もそうですが、アイドルとして全盛期とも言える年齢での卒業というのは、
アイドルファンとしては寂しいものです。

でも本人が決断した以上は、女優として成功を収めてほしいですね。

さて、工藤が卒業しスカパーでの生放送もある本日の武道館公演。

僕は新メンバーの発表があるのではないかと思っています。

本日新メンバーを発表し、
約一ヶ月の準備期間をおいて冬ハロからの娘。本格合流という日程も悪くないのではないでしょうか。

このブログではいつものように新メンバー予想をします。



大きな判断要素のひとつは髪の長さです。

改めて過去の画像を見返してみますと、ハロプロ研修生(エッグ)から娘。に昇格する場合
多くのメンバーが今よりも大分髪の短いことがわかります。

工藤遥加賀楓はショートカットでしたし、
羽賀朱音や、今ではロングのイメージが強い譜久村聖小田さくらも加入決定時は肩にかかるくらいの髪の長さでした。

例外は牧野真莉愛と横山玲奈ですが、
このふたりの場合は羽賀、加賀と共に入ったことから別に髪を切る必要もなかったのでしょう。


以上の要素を判断基準に加えつつ、
今回予想した新メンバー候補を発表します。


パターン1

清野桃々姫 (中学1年生、東京都出身)
米村姫良々 (中学1年生、愛知県出身)

f:id:hellocomment:20171206120535j:plain







今の娘。には中学生もメンバーがいません。
娘。の場合は中学生がいない方が珍しいくらいの印象ですし、
中学生メンバーの加入というのは充分あり得るでしょう。

また、“辻加護”、“まーどぅー”と続いてきたカップリングの歴史も、
年も背格好も同じで研修生としても同期のこのふたりなら紡げるでしょう。

米村が最近になって髪を切ったことも大きな判断要素になりました。

これがパターン1予想です。


パターン2

山﨑夢羽 (中学3年生、愛知県出身)と、
橋迫鈴 (小学6年生、愛知県出身) or
北川亮 (中学1年生、北海道出身)

f:id:hellocomment:20171210145648j:plain

f:id:hellocomment:20171206120709j:plain








山﨑夢羽は大本命ですね。娘。加入候補の。

山﨑は髪が長いので、その山﨑とともに加入する子はショートの子になるでしょう。

ということでパートナーは最近になって髪をバッサリ切ったふたりのどちらか。

橋迫鈴は“工藤遥2世”だと思っています、個人的には。

橋迫鈴に感じる“工藤遥2世”感 - ハロプロ批評ブログ

道重が抜けるにあたって牧野、羽賀を加入させた過去から考えると橋迫の加入も充分あると思います。


北川亮ハロプロ研修生北海道所属。

稲場愛香を加え、徐々にユニットとしての性格を強めている研修生北海道。
それゆえに基本的にメンバーを動かすことはないとは思うのですが、
唯一の例外が北川亮です。

というのも、他の研修生北海道の子が札幌在住なのに対し、
北川だけが蘭越出身なのです。

僕は北海道の地理に疎いのでgoogleで調べてみたところ、
札幌と蘭越では100km以上あるようです。移動距離で。

この距離では研修生北海道としての活動にも何かと不便も多いでしょうし、
上京して娘。入りという可能性もあるのではないでしょうか。


山﨑と橋迫か。
山﨑と北川か。

これが今回予想したパターン2です。



ちなみにですが、研修生の西田汐里もなくはないと思います。
前回の研修生公演で山﨑とともに最も推されていたのに、
今回の研修生公演では全員曲にすら出ていないくらい“干されて”いるようです。
もし西田がすでに娘。入りを決め、娘。の新メンとしての準備期間に入っているとしたら、
この“干され”も説明がつきます。
ですが、可能性は大きくはないのかな、と。




さて、娘。新メンバーの加入はあるのか、どうか。
本日の工藤遥卒業コンサートでは、
ハロプロ研修生ファンとしてそんなところにも注目していたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

こぶしファクトリーの追加メンバー本気予想

もしもこぶしファクトリーに追加メンバーの加入があるとしたら。

どんなメンバーがこぶしファクトリーに入るのが最も効果的なのか考えてみました。

 

【ハロプロ予想】こぶしファクトリーの今後は? - ハロプロ批評ブログ

【こぶしの今後②】研修生から新メンバーを迎え、継続の道 - ハロプロ批評ブログ




イメージとしてはスマイレージ3期メンバー(室田瑞希佐々木莉佳子、相川茉穂)で、
またつばきファクトリー2期メンバー(小野田紗栞、小野瑞歩、秋山眞緒)も参考にしました。


メンバーの条件としては、

こぶしファクトリーのスリートップに見劣りしない。
・センターを任せられる
・パフォーマンスの要所を任せられる

ことです。

また、加入するメンバーにとっても、
こぶしファクトリーに入ることがプラスと言えるメンバーにしました。

つまり、中堅以上のメンバーですね。

というわけで、僕が考えるこぶしファクトリーの追加メンバーは、


高瀬くるみ
高瀬くるみ

前田こころ
金津美月

img_5118


の3人です。


単純にスマ3期のメンバーに当てはめると、

高瀬≒室田  前田≒佐々木  金津≒相川 

となります。

高瀬は総合力が非常に高いメンバーです。
歌唱力もあり、またバラエティーもイケる。
パフォーマンスの要所を任せてこぶしのスリートップにも見劣りしないでしょう。

前田はセンターですね。
整ったルックスと、166cmという長身は決してスリートップに見劣りすることはないでしょう。
また、空手の黒帯で、全国大会の出場経験があるということも、
こぶし”ファクトリーというユニット名にピッタリでしょう。
こぶしが改名しなければの話ですが。。。

金津はキャラクター枠ですかね、今のところは。
この子は面白いですよ、キャラクター的には間違いなく。
中学生当時の和田彩花と、佐々木莉佳子を足したような子といった感じです。
感情が素直に表情や行動に現れ、それが面白く、愛嬌になる子です。
スタイルやパフォーマンスも、ユニット全体のレベルを下げるものではないです。


この3人の組み合わせというのはつばき2期も参考にしました。


つばき2期は、
同期(小野瑞・秋山/24期)と期の近い先輩(小野田/22期)という組み合わせでした。

上記の3人も、
同期(前田・金津/24期)と期の近い先輩(高瀬/23期)という組み合わせです。


すでにユニットとして出来上がっているところに新メンバーとして入っていく以上、
同期が気の許せる存在であるかどうかは重要でしょう。

そういう意味でもつばきの時と同様に、
同期や期の近いメンバーを同時に選ぶという可能性が大きいのではないでしょうか。

以上こぶしファクトリーの追加メンバー予想でした。



※またリークがあったみたいですね。。。
これに関しては以前にも書いているので、何か新しい公式発表が出るまでは触れません。

 ハロプロの“信用”問題 - ハロプロ批評ブログ

 ハロプロの“信用”問題 ② - ハロプロ批評ブログ

 

 

【こぶしの今後②】研修生から新メンバーを迎え、継続の道

こぶしファクトリーの今後の選択肢予想。

【ハロプロ予想】こぶしファクトリーの今後は? - ハロプロ批評ブログ


1.このまま5人で継続
2.ハロプロ研修生からメンバーを増員して、継続
3.カントリーガールズ同様“実質解体”し、一部メンバーを兼任に
4.つばきファクトリーと合併し、ハロプロの一部メンバーもシャッフル



今回は2.の、ハロプロ研修生から新メンバーを迎えユニットを継続する道について。

まぁこれが一番無難な選択肢なのでしょうね。

ライバルグループ”のつばきファクトリーもメジャーデビューを前にして、
メンバーを増員しグループのてこ入れを行いました。

今のこぶしはその時のつばきよりもはるかにテコ入れの必要な状態ですし、
前回の記事にも書きましたが、
5人での継続というのが“戦力的”にも“人気的”にも厳しい以上増員というのが一番現実的かなと思います。

もしも研修生から増員するのなら、気休め程度の数足しではなく、
劇的にやるべきだと思います。

イメージとしては、スマイレージの3期メンバー加入後の『大器晩成』ですね。


アンジュルム『大器晩成』 (ANGERME[A Late Bloomer]) (Promotion edit(New Ver.))



新メンバーに“センター”と“パフォーマンスの要所”を任せるくらいじゃないと、
グループのイメージを“一新”することは出来ないでしょう。

また、新メンバーがそれだけ“重要な役割”を任せられるような研修生であることも必要だと思います。


しかし、難しいのがこぶしファクトリーのスリートップとの兼ね合いですね。

僕はこぶしファクトリースリートップ(浜浦彩乃野村みな美井上玲音)というのは、
スタイルを含めた“ルックス”、パフォーマンス能力3人のバランスという意味ではハロプロでも屈指だと思っています。

まだまだスケールは小さいですが、いずれはBerryz工房のスリートップとも比肩し得るのではないかとも思っています。

それだけに、このスリートップを崩してしまうのはもったいない気がするんですよね。

また、このスリートップと並んで見劣りしないような研修生が果たして何人いるだろうかという問題もあります。

勿論いることはいると思うのですが、
じゃあその子にとって“こぶしファクトリーへの加入”がベストな進路なのかというと、
そうでもない気もする。


新メンバー加入によるイメージの刷新を図りたいけれど、
能力的に“中途半端なメンバー”ならばスリートップを崩すのはもったいないし、
といって“超即戦力”をこぶしに入れるのはもったいない気もする。


こぶしファクトリーへのメンバー増員を考える際の大きなジレンマですね。

事務所がこのジレンマをどう処理するのか。

それによってこぶしファクトリーの今後が変わってくるのだと思います。

 

 

 

 

 

【ハロプロ予想】ハロプロ研修生名古屋

f:id:hellocomment:20171206120642j:plain

 

ハロプロ研修生の“ユニット化”について。 

【ハロプロ予想】 ハロプロ研修生(北海道・東京・名古屋・大阪) - ハロプロ批評ブログ




今回は“ハロプロ研修生名古屋”です。

ハロプロ研修生名古屋に関してはすでに活動が始まっているとみることも出来ます。

ハロプロは去年から“名古屋定期公演”をやっていますが、

今年の後半から野村みな美と、ハロプロ研修生の東海出身メンバー
(井上ひかる、児玉咲子、米村姫良々、山﨑夢羽、橋迫鈴)
が三回も出演しています。

以下は、上々軍団鈴木啓太氏によるブログレポです。

2017年7月11日 第一回
https://ameblo.jp/keita-suzuki-official/entry-12291779169.html

2017年9月26日 第二回
https://ameblo.jp/keita-suzuki-official/entry-12314276632.html

2017年11月14日 第三回
https://ameblo.jp/keita-suzuki-official/entry-12328418696.html


さらに、来週の山岸理子野村みな美によるイベントについても
この研修生5人が出演するであろうことが、
ほぼ確定といえるような匂わしかたを山岸野村ブログでしています。

半年の間にこれだけ活動を増やしていることからも、
この“ユニット”は好評であり期待もされているのでしょう。


ハロプロとしてすでに定期公演をする“会場”を確保してあるだけに、
もしもハロプロ研修生のユニット化が実現するならば、
その中でハロプロ研修生名古屋が最もスムーズに活動を開始出来るのではないでしょうか。

ただし、東海のメンバーは“昇格有力候補”が多いだけに、
新ユニットが出来る来年にかけてこの5人から人数が減ることも予想されます。

その場合にどうするかですね。

さすがに4人以下ではユニット化は難しいですし、
静岡出身の山田苺や、石川出身の中山夏月姫上記の5人に加えるかもしれません。

メンバーとしては、とてもバランスが取れていて良いユニットになるのではないかと思います。


以上ハロプロ研修生名古屋についての予想でした。

 

 

 

【ハロプロ予想】ハロプロ研修生大阪

 

f:id:hellocomment:20171206120746j:plain

ハロプロ研修生の今後にについての予想。

【ハロプロ予想】 ハロプロ研修生(北海道・東京・名古屋・大阪) - ハロプロ批評ブログ



ハロプロ研修生の“ユニット化”を予想したのですが、
今回はその中の“ハロプロ研修生大阪”について。


いつものように、

17期加入時に在籍していたハロプロ研修生と、
17期以降最新の27期までの加入メンバーの一覧で見てみます。


赤字は大阪出身のメンバーです。

ハロプロ研修生大阪府出身メンバー 


金子りえ宮本佳林高木紗友希田辺奈菜美吉橋くるみ浜浦彩乃田口夏実小川麗奈大塚愛菜茂木美奈実小数賀芙由香植村あかり室田瑞希岡村里星山岸理子野村みな美

17期・6人(金澤朋子一岡伶奈岸本ゆめの加賀楓牧野真莉愛和田桜子) 

18期・1人(佐々木莉佳子) 

19期・6人(田中可恋稲場愛香三瓶海南藤井梨央・真城佳奈・井上ひかる) 

20期・7人(山木梨沙横川夢衣新沼希空大浦央菜段原瑠々羽賀朱音船木結

21期・3人(相川茉穂・竹村未羽斎藤夏奈) 

22期・9人(浅倉樹々・小野田紗栞・橋本渚・堀江葵月・小片リサ・島野萌々子・広瀬彩海・谷本安美・井上玲音 

23期・1人(高瀬くるみ) 

24期・8人(小野瑞歩・仲野りおん・梁川奈々美・前田こころ・秋山眞緒・金津美月・笠原桃奈・岡本帆乃花) 

25期・5人(野口胡桃・小野琴己・児玉咲子・米村姫良々・清野桃々姫) 

26期・6人(川村文乃・横山玲奈・山﨑夢羽・吉田真理恵・西田汐里・橋迫鈴) 

27期・8人(島倉りか・日比麻里那江口紗耶土居麗菜岡村美波松永里愛・山田苺・中山夏月姫)



と、27期になって大阪出身メンバーを急に4人も入れているのです。

さらに西田は京都出身、江口は兵庫出身です。

27期に関しては過半数が関西出身ということで、
やはりこれは“何か”があると見るべきではないでしょうか?

そしてその“何か”こそが、ハロプロ研修生大阪なのだと予想します。

ハロプロ研修生という“大箱”でのユニット活動もしつつ、
大阪での地域的な活動をするために、関西出身のメンバーを増やしたのではないでしょうか。

ちなみに、ハロプロオーディションで研修生入りが内定したメンバーにも、
山口出身の子と大分出身の子がいるようです。

もしハロプロ研修生大阪ができるならば、この2人もそこに所属することになるでしょう。

以上、ハロプロ研修生の“ユニット化”のうち、ハロプロ研修生大阪でした。