ハロプロの新体制を批評する 【モーニング娘。’17編】

ハロプロ新体制

モーニング娘。’17 ⇒ 森戸知沙希
アンジュルム ⇒ 船木結、川村文乃
Juice=Juice ⇒ 段原瑠々梁川奈々美
新グループのリーダー ⇒ 一岡伶奈


ハロ!ステ号外 ~ハロー!プロジェクト2017新体制決定スペシャル~




ハロプロ新体制考察、今回はモーニング娘。’17について考えていきたいと思います。

モーニング娘。’17には、森戸知沙希が単独加入することになりました。

これはまぁ、

王道の補強

ですね。間違いなく。

人気面でも、実力面でもモーニング娘。’17の戦力を底上げするための人選だと思います。



僕自身は、過去の例などをみて、新加入は2人と予想しましたが、
単独加入ということならば、森戸知沙希船木結の2択だったのではないかと思います。

その中で、パフォーマンス(船木)よりも、アイドル性(森戸)を重視したということではないでしょうか。


森戸に関しては、実力的には全く心配ないと思います、娘。に入っても。

おそらくカントリーガールズの活動の中で最も成長したのは森戸でしょう。
課題だったトーク力も向上し、積極性も身に付けました。
ももちの薫陶のおかげですね。



心配というか、懸念があるとしたら、やはり待遇ですね

完全な新メンバー扱いなのか、特別な扱いとなるのか。

森戸は“14期メンバー”となることは、すでにアナウンスされています。
まぁ、これはそうですよね、実際14期ですし。

問題は12、13期メンバーに対し、“後輩”として接するのか、どうか

カントリー・ガールズとしての森戸は、12期とはほぼ同期待遇、13期に対しては“先輩”です。

今回森戸は娘。に加入するとは言え、カントリー・ガールズと“兼任”という形です。

カントリー・ガールズでは先輩だったものが、娘。に入った途端に“後輩扱い”になってしまうのか。

その場合、これまでの森戸のカントリーガールズとしての活動はどうなるのか。
森戸の正規メンとしての2年半を否定することになりはしないか。
“兼任”とは、なんなのか。


加賀楓と横山玲奈のブログはその辺あいまいでしたね。

森戸を“後輩”としながらも、呼称は“森戸さん”でした。


僕自身は、カントリー・ガールズとしての森戸知沙希が否定されるようなことがあってはならないと思います。

森戸はすでにハロプロで約2年半正規メンとして活動していますし、
またカントリー・ガールズとしての立場も“兼任”という形で保っている。

その経歴と立場を尊重するうえでも、
モーニング娘。内の人間関係においてはカントリー・ガールズ森戸知沙希と同じ立場、
具体的には12期相当として振舞えるようにしてほしいです。

カントリー“解体”までの経緯を考えると、そうあってほしいですし、そうでなければいけないと思います。


以上今回はモーニング娘。’17の新体制について考えてみました。
次回はJuice=Juiceの新体制について書きたいと思います。

 

ハロプロの新体制を批評する 【アンジュルム編】

ハロプロ新体制


ハロ!ステ号外 ~ハロー!プロジェクト2017新体制決定スペシャル~





昨日の発表から一日が経ち、僕自身もだいぶ冷静になってきました。

一日経って“昨日の発表”を振り返ると、そこまで悪くないかな、と。

改めて“新メンバー”を書いてみますと

モーニング娘。’17森戸知沙希
アンジュルム船木結、川村文乃
Juice=Juiceに段原瑠々梁川奈々美
新グループのリーダーに一岡伶奈

ということになりました。


このメンバーを見て今回の移籍・昇格の一番の目的は

アンジュルムの強化


ということに尽きるのではないでしょうか。

超即戦力の2人の加入。

アンジュルムモーニング娘。’17に対抗し得る、ハロプロ第二の柱にしたい。
そんな意図をひしひしと感じる人選です。

まずはパフォーマンス面
これは船木・川村とも文句なしですね。
歌もダンスも魅せ方も、この2人ほどのレベルにあるメンバーはハロプロでもなかなかいないと思います。


次にバラエティー面
案外大きな理由かなと思います、この2人を選んだ。

アンジュルムのメンバーにはバラエティー適性の高い子が多いとは思うんです。
元気だしやる気もあるし思い切りもある。

しかし、どうしても“バカ騒ぎ”的な傾向が強いのは否めない。
内輪の笑いが多いんですよね。
DVDマガジンなどでは良いのですが、番組出演となるとそこがウィークポイントにもなり得る。

そこに、嗣永塾で学んだ船木結と、ロコドルとして番組経験も豊富な川村文乃が加われば、
グループとしての魅せ方も一段上のレベルになると思います。
まぁ、今いるメンバーが船木・川村から学ぶという姿勢を持てばの話ですが。。


最後に地域性”。
モーニング娘。’17とアンジュルムの一番の違いは地域性だと思うんです。

娘。の方は、結成当初から地方出身のメンバーがいてその後のメンバー加入でも絶えず地方出身のメンバーが入っています。

対してアンジュルム(スマイレージ)は、オリジナルメンバーは全員関東出身でスタートしました。

その後の加入メンバーも関東出身が多く、
現在のメンバーも中西香菜(関西)、佐々木莉佳子(東北)、上國料萌絵(九州)の3人。
娘。に比べれば、多いとは言えません。

そこに、船木結(関西)と、川村文乃(四国)の加入。

これにより、地域性の面でも娘。に対抗し得る存在となりました。



以上のような点が事務所の意図でしょうか?

意図としては充分理解が出来ますが、効果的なのかは少々疑問が残ります。

まず船木ですが、背の低いオールラウンダータイプってアンジュルムにはもうそろっているんですよね。

竹内朱莉室田瑞希、上國料萌絵がそうです。

そこに船木を足したところで、埋もれはしないか。
別のグループだったほうが船木にとっても、上記の3人にとっても良かったのではないか。
それが他のグループにとっても効果的な加入になったのではないか。

戦力アップを考えるあまり、グループのバランスがおろそかにはなっていないか、どうか。


川村については、待遇が難しいですね。

昨日の和田彩花のブログにも書いていましたが、
船木は研修生でもハロプロ正規メンとしても、笠原の先輩。上國料とは同期待遇です。

対して川村は完全な新メンバーで、研修生でも笠原の後輩。

船木と川村は研修生でもハロプロ正規メンでも船木が先輩川村が後輩。

仮に船木・川村を同期とするならば、その2人と上國料・笠原との関係はどうなるのか?

ややこしく絡んでいる上下関係をどうするのか。

この辺は見ものですね。


以上多少の懸念はありますが、アンジュルムにとっては良い補強でしたね。
なにより事務所のアンジュルムに力を入れていくという姿勢は感じましたし、
これからの活動が楽しみです。

モーニング娘。’17、Juice=Juice、一岡新グループについての考察は、また次回以降にします。

 

意図は、何なのか

ついに発表されましたね。
新メンバー。




モーニング娘。’17森戸知沙希
アンジュルム船木結・川村文乃。
Juice=Juiceに段原瑠々梁川奈々美
新グループのリーダーに一岡伶奈ということだそうです。



我が家の脆弱なネット環境ではハロステの動画を見ることが出来ないので、
また明日あたりに詳しく述べたいとは思いますが、
正直なところ、意図がわからないです。


森戸・一岡は理解できます。
特に一岡に関してはこの道しかないと思っていました。

が、それ以外の4人の組み合わせが、わからない。

一体どんな意図があるのか。

メンバー本人にとって、グループにとって、
どういうメリットがあると踏んでのことなのか。
確たる意図とビジョンがあってのことなのか。

この辺の疑問と不満については動画を見て、改めて述べていきたいと思います。

う~ん、モヤモヤですね。今の気分は。

 

とりあえず、いっちゃんおめでとう!

確実に言えるのはこれぐらいですかね。

 

今後のハロプロの、命運を占う日

さて、昨日、ハロプロでは異例とも言える“重大発表”の予告がありました。


ハロ!ステ号外 〜ハロー!プロジェクト2017新体制決定スペシャル〜【予告編】



本日の21時、ハロステの号外にて、カントリー・ガールズの3人(森戸知沙希梁川奈々美船木結)
昇格研修生(一岡伶奈段原瑠々・川村文乃)の所属先が決定するようです。

この6人に関しての所属先予想に関しましては、すでに記事を更新したので改めては触れませんが、
ハロプロにとって大きな日ですね。

僕自身は研修生ファンですから、ここ数年では、一番楽しみな気持ちでいます。

しかし一方で、発表内容によってはここ数年で一番の失望になるかもしれず、
まぁ、ドキドキです。

こればっかりは発表を待つしかないですね。



というわけでここではひとつ予想を。

動画の船木は誰を見て驚いて、泣いたのか?

僕自身の答えはすでに決まっています。

すでに何回も書いたように、僕は段原と船木はくっつけろという主張を持っています。

デュオにしろ、モーニング娘。’17の加入にしろ、Juice=Juiceの加入にしろ、
この2人はライバルとして、同期としてペアにするべきです。

なのであの動画の場面は当然、船木が“研修生同期でありライバルの段原瑠々がいるのを見て泣いた”のだと予想します。


まぁ、船木の場合はリアクションの天才的なところがありますので、たとえあそこにいたのが、
和田彩花(アンジュルム・リーダー)でも
譜久村聖(モーニング娘。’17・リーダー)でも
宮本佳林(憧れの存在)でも
森戸・梁川(カントリー・ガールズの同志)でも
一岡伶奈(ハロプロ研修生時代の盟友)でもあのリアクションをしたかもしれませんが^^;

ただ、そのあとに“相手”に駆け寄っているのを見ると、
段原、一岡、森戸、梁川あたりに絞られるのかなぁ、とも思います。

まぁ、楽しみです。なんにせよ。
“ハロステ”がここまで待ち遠しいことも久しくなかったですね( ̄▽ ̄;)

 

欅坂46での“襲撃未遂”事件と、【アイドル界から握手会が消える日】

欅坂46の握手会で刃物を持った男による“襲撃未遂”事件が起こりました。

報道によりますと、逮捕された犯人は、「殺すつもりだった」とも述べているようです。


前にも少し触れたのですが、僕は将来的には“アイドル界から握手会が消える日”が来る可能性があると思っています。

少なくとも、中学生以下の握手会に関してはなくなるのではないか。



今回の件を受けて、欅坂46の事務所は“警備体制を強化して、予定通り握手会を実施する”と、発表していますが、


そもそも万全の警備をしなければ危ないようなイベントをする必要があるのだろうか。
未成年に、それをやらせる意味はなんだろうか。


48グループや、ハロプロ、その他の“大手”は資金力とマンパワーで万全の警備ができるでしょう。

しかし、いわゆるロコドルなどの小さなアイドルグループでそのような警備が期待できるでしょうか?

もし、そういう現場で“事件”が起きてしまった場合に、“大手”のいう「うちでは万全の警備をしているから大丈夫」が世間的に通るでしょうか?



また、僕の認識が正しければ、中学生以下のバイトは禁止されているはずです。
中学生は接客業にも小売業にも携われないと思うのですが、
中学生以下のアイドルの握手会や即売会はなぜ認められているのでしょうか?


コンビニやファミレスでバイトするのはダメなのに、
アイドルになれば中学生以下であっても、握手会も即売会もOKなのでしょうか?

法律的にOKの根拠はあるのでしょうか?

中学生以下のアイドルの“即売会”や“握手会”が認められるのであれば、
中学生以下のバイトも認められるのではないか?



以上のようなことも含め、近日中に3~4回にわたり、“アイドル界から握手会が消える日”というコラムを書く予定です。